吉沢亮「キングダム」を考察してみてわかること!!

https://mdpr.jpより引用

吉沢亮さんをみなさんご存知ですか?

スポンサーリンク

吉沢亮さんは、最近話題となっているイケメン俳優です。

スポンサーリンク

ただのイケメンなだけではなく、ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞にて

最優秀新人賞を受賞するなど実力ともに話題沸騰中の俳優です。

今回は、人気絶頂中の吉沢亮さん出演のキングダムの考察をしてみたいと

思います!

近日、公開予定の映画「キングダム」。

キングダムは、コミックで原作があり今回の映画は実写版ということになります。

吉沢亮さんは、映画キングダムでは一人二役に挑戦しています!

中華統一を目指す若き王・政と、信の盟友・漂を吉沢亮さんは演じています!

なかなか一つの映画の中で一人二役を任せるというのは無いのではないでしょうか?

吉沢亮さんは元々「キングダム」のファンだったらしく、

原作を読んでいても熱さ(熱量)を感じ、泣けるとのこと。

この発言から考察として、吉沢亮さんはかなりのキングダムファンということだと

読み取れます。女性の方ならわかると思いますが、コミックを読んでいて泣けるものって

かなり限られますよね!?

おそらく、吉沢亮さんはキングダムを読んで泣くくらいですから熱狂的なファンということが読み取れます。

さらに、原作の熱さを表現するために吉沢亮さんが演技の中で意識したことは、

目の表情とのことです。

「政を普通に演じると、ただの冷たいクールな男に見えてしまって、それはイヤだなと思ったんです。そうならないためにも、冷静さや気品はありつつ、どうやったら野心とか熱い気持ちが伝えられるのかと考えて、目の形で表すことにしました。」

さらに、

「目の前で起きている出来事よりも一歩先を見ているような人物なので、そこを表現できるように演じました。信と河了貂(かりょうてん)と三人で一緒にいる時も、会話はしているんだけど、政だけはまっすぐ道のりを見ながら歩いたりとか、細かいところもしっかりと演じるよう心がけていました」

と政を演じる時に目を意識していたそうです!

このことを考察すると、吉沢亮さんは原作の細かい表現に気づいており、目を意識することで

原作にも劣らぬ映画を作り上げたと思います!

それに対して、漂は

「とにかく“人間らしさ”を意識しました。頭の切れる部分がありつつも、笑う時はゲラゲラ笑ったり、信と同じ夢を抱く人間として演じました。」

と全く違う演技をしていることも注目です!

このことからも考察できることは、吉沢亮さんは演技で細かい部分に意識していることがわかります。

以前から、言われていたことですが吉沢亮さんの演技の良さは、細部までこだわられていて

完成度が高いということです!

今回の映画「キングダム」は、おそらく観るだけで吉沢亮さんが意識していることを感じ取れると思います!

吉沢亮さんが出演しているドラマ、映画から考察すると、本当に演技のことを考え抜いているのだと

感じられます。どの作品を考察してもこの思考の深さは感じとられると思います!

みなさんも、吉沢亮さんの言動の裏にある意味を考察してみてはいかがでしょうか?

関連記事

吉沢亮トークショーディオールで好みの女性を明かす!?

マイナビTGCで吉沢亮がおもてなし!?

吉沢亮が香水をつけるワケが驚き!?

吉沢亮がキングダムの会見で素顔が暴かれる!?

吉沢亮の握手会が神対応ってマジ!?

スポンサーリンク